« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/29

NHK「クローズアップ現代」に注目

クローズアップ現代 NHKは、月~木の総合19:30~19:56、同内容をBS1の21:34~22:00に放映しています。

 ここ、結構科学関係の題材が取り上げられることが多いのです。実は26日(水)には土星の衛星タイタンに着陸したホイヘンスの探査結果の解説がありました。外出中なにげにみたテレビでこれを知り、あわてて帰宅してBS1の放映を無事録画できました。
 しかし、最新2回分しか放送内容が予告されない(^_^;ので、是非ともこのサイトをブックマークしてチェックすることをおすすめします。
 ちなみに31日(月)はペットアレルギー、2/1(火)は花粉症対策が取り上げられます。これも興味深い内容ですね。

#最近のNHKはいろいろと問題になっていますが、科学関係のちゃんとした番組を作ってくれるのもNHKだけなので、その点で(だけ)受信料支払拒否をしないことにしています(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/27

マックホルツ彗星、ペルセウス座二重星団に接近

mac
 28日近辺に、マックホルツ彗星がペルセウス座二重星団に接近します。図はアストロアーツからでてる天体シミュレーションソフトのステラナビゲータVer.7で作成しました。円は10°の視野円です。
 満月過ぎの月が出てしまいますので、観測や写真撮影は20時頃までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/22

日本の潮位、過去最高 温暖化一因か、気象庁解明へ

日本の潮位、過去最高 温暖化一因か、気象庁解明へ - asahi.com : 社会

 よく、いろいろな「異常気象」をなんでも「地球温暖化」が原因と言って片づけるのはどうかと思っていましたが、どうも確実に影響が出てきたような気がします。
 二酸化炭素の排出削減、個人レベルでもできるところからはじめないと。まずはあちこちの無駄なエネルギー消費の見直し、そして自動車はディーゼル車(最新式)への買い換え促進です(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/21

BSアンテナ着雪で受信不良(;_:)

kow1の地学日記にも書いたのだが、こちらにも書いておきます。
 昨日は雪がBSアンテナに着雪し、受信状態が悪くなってしまいました。何しろ屋根のてっぺんに設置してあるので雪を取り除くことができません。ホースで水をかけて雪を取り除けないかと奮闘したのです(^_^;が、夜の作業でもあり、うまくいかず結局全く受信できなくなってしまいました。
 毎週楽しみにしているNHK BS2木曜夜10時の「宮廷女官チャングムの誓い」の第14話をこのため完璧に見逃してしまいました(;_:)。韓国歴史ドラマですが、毎回ハラハラドキドキの展開で完璧にはまっております(^_^;。総合で再放送してくれることを期待していますが、何しろ54話もあるので、総合での実現はずいぶん後になるかも・・・。
 BS映像はいいのですが、こういうときはだめですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/16

ホイヘンス、タイタンに無事着陸。ここ見よう(^^)

 ホイヘンスが土星の衛星タイタンに無事着陸し、どんどん情報が送られてきていますね。ということで、こちらのサイトにさっそく日本語訳がのっていますのでご覧ください。
超音速備忘録
 また、こちら(Moriの天文ページ)もどんどん更新されています。ブックマークをおすすめします
 今後どんな新情報が得られるでしょうか、楽しみです(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/15

センター試験 地学IB 試験問題

大学入試センター試験速報 : 大学入試速報 2005 : ニュース特集 : YOMIURI ON-LINE (読売新聞)

 読売の速報HPから、20:40頃に試験問題が公開されたので、眺めてみました。
・・・昨年よりやや難しいような気がします。以下概略を私なりに書いてみました。強調文字は、IBにあって、Iにない内容です(つまり来年以降は出題範囲外)。

第1問(天文分野)
A 恒星と種族・・・知識問題なので、きちんと勉強していればOK。
B パルサーを題材とした総合問題・・・やや難しい?
  問4 質量÷密度=球の体積から導く。知識あれば一発。
  問5 ややこしいが、実はケプラーの第3法則がA,Bで等しいこと。 
  問6 知識問題。正解はウィーンの変位則に関わるもの。

第2問(大気と海洋)
A 大気の構造・・・知識でとける。問3は発想ができたかどうか。
  ※文中、放射平衡温度は直接出題には関係していないが、その導出
   のためにはシュテファン・ボルツマンの法則を用いる。
B 潮汐・・・出題は十分予想できた。基本問題。

第3問(固体地球)
A 地球の形・・・離心率、ジオイド、基本知識で易しい。
B プレートと海山・・・教科書に同様の作業があり、やっていれば難しくはないが。

第4問(地質図と地史)
 ・・・良問である。簡単ではないが、きちんと勉強した生徒なら大丈夫だろう。

第5問(岩石分野)
A マグマ生成条件・・・基本だが、プレートの知識も必要とされた。
B 地球化学図・・・図を考察する問題。見慣れない図であり、地質図に苦手意識を持っていると、精神的に影響された危険性あり。問4→6と進むごとに、知識と考察が必要とされる。やや難問と感じた。

 今回は、全般としては(きちんと勉強した生徒が報われる)良問だと思いました。平均点は60点あたりかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/01/14

二本松・安達太良小新校舎に大望遠鏡

「智恵子も羨む天文台」
asahi.com : MYTOWN : 福島

 二本松市岳温泉にある安達太良小学校の新校舎に、200ミリクーデ式屈折望遠鏡を備えた天体観測室がつくられたとのことです。記事には「授業だけでなく、市内の愛好家の協力を得て定期的に住民も参加できる天体観測教室を開く計画」もあるということで、期待が持てます。
 ちなみに、福島大学の45cm反射望遠鏡もクーデ式です。望遠鏡の向きにかかわらず同じ姿勢で観測できるのが利点です。しかし3600万円とはすごい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/10

見た!撮った!マックホルツ彗星

2004Q2
 先ほど(昨日、23:30頃)に、すばるの脇のマックホルツ彗星を写真に収めることができましたのでご覧ください(^^)。
 昨日購入した(^^ゞCANON EOS Kissデジタルで10秒ほどの固定撮影です。あちこちのすてきな写真に比べたら当然見劣りしますが、全くの初心者でもこの程度の撮影ができました。デジタル一眼レフ恐るべし!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/01/06

10歳の少女何百もの命救う-アメリカ学研究所

 10歳の女の子が、「地理学」で学んだ知識を元に、何百もの命を津波から救ったという記事です。
 「知識は身を助ける!」のとてもすばらしい話です。地震と津波の関係を正しく理解しての行動らしい。地学的な知識が実際に役立ったわけですね。

 もっとも、私の地学の授業を受けてこのように行動できる人間を育てているかはちょっと自信がないです・・・。地学の内容に、「災害予防科学」的な側面をもっと強調する必要性を感じました。

10歳の少女何百もの命救う-アメリカ学研究所

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005/01/05

肉眼で見えるマックホルツ彗星、6日に最接近

 1月はひさびさの肉眼彗星となる、マックホルツ彗星で夜空を楽しむことができそうです。8日へはすばるに近づくため、目印もあってわかりやすい。夜8時頃天頂付近に見えるというのもgoodですね。あとは天気がよいことを祈るばかりです(^^ゞ。

Yahoo!ニュース - 社会 - 読売新聞

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »