« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/31

「アンタレス食」観測しました(地学部)

 31日未明は、14年ぶりの「アンタレス食」を観測するために、地学部で学校に泊まりました。

 0:30頃の潜入は、少し前まで望遠鏡によりアンタレスの存在を確認できましたが、潜入予想時刻周辺で月の領域が雲に隠されてしまい、確認ができませんでした(;_;)。
 1:40過ぎの「出現」は、天気に恵まれビデオにとらえることに成功しました! 2時過ぎに出現の確認を国立天文台にWEBで報告したら、北海道・東北で1番目の報告でした\(^O^)/。出現時刻は1:42:10です。

 今回の結果も秋の研究発表につなげていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/27

福岡県西方沖地震関連 27日(asahi.comより)

福岡・玄界島で震度3
なぜ一部に被害集中? 謎徐々に解明 福岡沖地震
 地震被害の程度は、いろいろな条件に左右されるようです。機械化された震度の判断、体感に基づくようですが、被害とは食い違いを見せる場合もあるということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/26

福岡県西方沖地震関連 26日(asahi.comより)

福岡沖地震、表面波弱まらず 東大地震研が解析
 モーメントマグニチュードMwの方が地震の実態に合っているらしい。そう考えると規模の割に被害が比較的少なかったのもうなずけます。

地震発生から1週間、避難生活913人に 福岡沖地震
 余震も順調に減少しているようで、まだ要注意とはいえ安心できる状況になりつつあるようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北西太平洋に津波予報 28日から気象庁

asahi.com: 北西太平洋に津波予報 28日から気象庁 - 社会

 やるな気象庁!(再) 日本の役所の中で一番きちんとしていてがんばっているのは気象庁ではないかと思います(^^)。

 関連:ちょっと古いですが
津波警報に核爆発探知網を利用 CTBTO準備委が決定
いいですね、平和利用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/25

6800万年前の恐竜化石から細胞・血管 米で発見

asahi.com:6800万年前の恐竜化石から細胞・血管 米で発見 - 国際

 6800万年もの間、軟組織が残っていたというのが驚きですが、幸運も重なったようです。

 過去にも化石から血管などを見つけたという報告はあったが、今回のように柔軟な状態で取り出せたのは初めてという。ティラノサウルスの大腿骨は骨密度が高いので中の軟組織が劣化しにくいほか、今回、化石の保護剤を使わなかったことも軟組織の抽出に貢献したとみられる。
がポイントですかね。DNA抽出できるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/24

運輸多目的衛星新1号(ひまわり6号)による初画像が公開されました!

運輸多目的衛星新1号(ひまわり6号)による初画像

| | コメント (0) | トラックバック (1)

福岡県西方沖地震関連 24日(asahi.comより)

首相が地震災害視察で26日に福岡入り
約70人が漁船整備のため帰島 福岡沖地震・玄界島
気象庁、余震活動「山越えた」 玄界島は「6弱程度」

地震関連記事:
大地震確率高い24都道府県、学校耐震化は半数以上遅れ
 未来ある子どもを預かる学校こそ、きちんと防災対策を優先させて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/23

本家HP更新=表紙写真

 上記の通りです(^^ゞ 磐梯山2回目(連続)。3月22~23日の山岳部山行で撮影したものです。スキー場は予報より天気に恵まれました。でもスキーはしていないの(ひたすら歩いてました)。
「WEB版 地学わいわい広場in福島」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡県西方沖地震関連 23日(asahi.comより)

玄界島、離島振興法で支援 首相「激甚災害指定難しい」
福岡沖地震の被災者、県営住宅で受け入れへ
玄界島に離島振興法適用へ 官房長官表明
ボランティア派遣の受付窓口設置 福岡沖地震

玄界島などで震度4 雨降り続き土砂災害警戒
玄界島で震度3
福岡・玄界島でまた震度3

 まあ、まとめてここを見ればいいのですが・・・
(最近アクセス数が急激に増加したので(^o^)、来訪者にせめて役立てていただければと言うことで)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/20

福岡市・佐賀南部で震度6弱 1人死亡、63人けが

asahi.com: 福岡市・佐賀南部で震度6弱 1人死亡、63人けが - 社会

 滅多に地震が起こらない場所での地震発生だったということですね。地震に対して、日本はどこにも安心な場所などないことを思い知らされました。

 気象庁では12:30の時点でこの地震に関する速報が出されています。余震分布を見ると、北西-南東に延びており、横ずれ断層型の地震だったようです。

21日の更新情報です:
負傷者200人超、2800人なお避難 福岡沖地震
余震は減少、なお「震度5強」の恐れも 福岡沖地震
「未知の断層が引き起こした」政府調査委、福岡沖地震で

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/18

インド洋沿岸国に津波監視情報 気象庁の準備整う

asahi.com: インド洋沿岸国に津波監視情報 気象庁の準備整う - 社会

 いいぞ気象庁!日本の国際貢献はこうでなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイパン発成田行き米旅客機、乱気流に巻き込まれ4人けが

NIKKEI NET:社会 ニュース

AUPQ35 サイパン発成田行きの飛行機が、成田空港の南約90キロの太平洋上空で高度約4500メートルで乱気流に巻き込まれ、4人が負傷したとのこと。
 HBC専門天気図で「アジア500hpa・300hpa天気図」(AUPQ35)を確認すると、確かに日本の東海上で顕著な気圧の谷が発達していますね。

 負傷された方はお気の毒ですが、実は私自身は、飛行機に乗っているときに気流に巻き込まれて軽く上下するのは、結構好きでワクワクしてしまいます(^_^;。雲の様子を見て、「うん、ちゃんと理論通り積雲対流があるなぁ」と、思ってしまうヒトなんですなぁ。困ったものですm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/16

人類・宇宙への挑戦(NHK教育)

番組紹介です。 3/21(月)早朝 4:30~5:00 NHK教育

NHK番組表
を見ていて見つけました。これ以上の情報はわかりません(^_^;。とりあえず録画予約してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/09

愛称は「ひまわり6号」 打ち上げ成功の新衛星 - asahi.com : サイエンス

愛称は「ひまわり6号」 打ち上げ成功の新衛星 - asahi.com : サイエンス

 目下順調に移行中のMTSAT-1R、なんだかんだで、「ひまわり6号」で決まりましたね。今後も「(気象衛星)ひまわりの画像をご覧ください」と気象情報で放映されると思うとなんとなくほっとします。

TB送りました:
湘南お天気相談所
それでも地球は回る
Kabe'slog
ねずみ饅頭

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/03/07

本家HP更新「地学部の研究活動(2004年度版)」見てください!

地学部の研究活動(2004年度版)
 昨日、本家「WEB版 地学わいわい広場in福島」を久々に更新して、「研究・実践」に「地学部の研究活動(2004年度版)」を追加しました。よろしくご笑覧ください。
 うちの学校の研究紀要に出した原稿(一太郎2005で作成)をhtml保存したものです。感想など、コメントいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/06

TTY版【理科の部屋】本日終了

「パソコン通信版」の【理科の部屋】が、今日で書き込み終了、明日からリードオンリーとなります。16日にはフォーラムが閉鎖されます。
 私と【理科の部屋】との出会いはココに書きました。

 当時はまずパソコン通信にアクセスすること自体がとても大変なことのように思われ、「得意な生徒」にモデム(2400bps!←ていうか、わからねえだろうな(^_^;)を設定してもらってようやくつながったのがすごい思い出です。
 あとは、従量制課金および電話代との戦いでした(^_^;。NifTermとの出会いが、それを一挙に解決しました。定額制が当たり前になった現在、感慨深いものがありますね。

 その後、理科の部屋→「パティオ版地学わいわい広場in福島」開設→HP開設→パティオ終了、ML化blog開設と進めることができました。古巣としてのパソコン通信版【理科の部屋】がなくなるのは寂しい限りですが、webフォーラムも始まっていますし、また今後も新しい発展が期待されます。

 ところで右下の「マイリンク」に、【理科の部屋】関連の方々のblogを見つけ次第追加しています。漏れ、あるいは追加希望ございましたら、TBあるいはコメント等でお知らせ願いますm(__)m

TB送りました:
私の【理科教師日記】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »